新築・リフォーム

私たちが目指す
スタンダードハウスとは・・・
お客様の未来にとって最適で
“あたりまえ”の住まいづくりです。

CREATER TIMES

リュウソークリエイトでは、各担当者のことを「クリエイター」と呼んでいます。
それは、お客様を担当するメンバー全員が未来を創り出す創造者であるべきだからです。
クリエイター達がお届けする最新情報をご覧ください!

  • #01

    #01

    自分たちに合った”スタンダードライフ”を考える

    家族がいて、友達がいて、わたし達がいて、子どもがいて・・・
    今そばにある『あたりまえの暮らし』
    守っていきたいSTANDARD LIFE。10年後20年後は変化していく『あたりまえ』一緒に成長していきたいSTANDARD LIFE。
    スタンダードは一人一人違うもの私の考えるSTANDARD LIFEはあなたの今も未来も大切に暮らしていくためのツールとして在りたい。
  • #02

    #02

    気がついたら”予算オーバー・・・”なんて言わせません!!

    私がよくお客様にマイホームの提案をさせて貰う中でよく使う表現がタイトルの言葉なのですが・・・車を買う?というのはつまり『価格の見える化』なんです!
    マイホーム計画の中で一番大切なのは資金計画。つまりお金をどれだけ自分達が把握、理解して使っているか?です。車を買うときは例えば300万円の予算であれば本体価格230万円に、道に迷うのは嫌だからカーナビを15万円付けよう!あまりメンテナンスをこまめにしないからコーティングを10万円付けよう!とひとつひとつの価格の理解と目的を持った上で予算に合わせた車の購入を行います。
    しかし、マイホームではそうはいきません。それは『和室を付けよう!あれ?和室っていくらで付けられるの?キッチンをアイランドに!あれ?いくらくらい上がるんだろう?』と目的はあるけど価格が分からない・・・というのが多いんです。つまり、1500万円の予算なのに最終的には1600万円になっている。。せっかくいい家を建てたのにその後に掛かってくる家具や外構、生活費が予算オーバーにより圧迫されるなんて辛いですよね。。
    建物の予算が決まれば土地も決まる!敵は自分の欲望!
    上記の様な予算オーバーは多くの購入経験者の方はあるのではないかなぁと思います。
    そんな中、価格の見える化が今後のスタンダードになる!と考え弊社では会員さん向けにネットで見積もりができる様になっております。
    本体価格だけではなく、先程のオプションも全てオープンになっているので自分達の建てたい家の予算が決まる。つまり、総予算からそれを引けば土地の価格も導き出される訳です。もしそれで予算オーバーになるとしたら最後に自分達の欲がでてしまうことですよね!(笑)

    今後は建物をその時点で図面化し、3Dでバーチャル体験、予算に合わせた土地をネットで検索してポチッと押せば予算が出てワンタッチ購入!
    ・・・なんてこともあるんじゃないかと考えてます。
  • #03

    #03

    色んな個性を一つの”ハコ(家)”に

    そんな中で『わたしたちにちょうどいい家』をコンセプトにマイホーム計画をもっとお客さんが自分達で組み立てていくような、シンプルで分かりやすい価格設定、シンプルな箱の様な外観の中に自分達らしさを詰め込んでいくスタイルのZERO-CUBEは正に今後のマイホーム計画のスタンダードになるのではないかと思っています。
ABOUT

ABOUT

STANDARD LIFE by RYUSO

リュウソークリエイト株式会社

CONCEPT

CONCEPT

れゆく時代に最適な
あたり前の暮らしを造する

あなたにとっての
スタンダードライフとは
どんな暮らしですか?